🎄クリスマスに🎄アイスの棒15本で雪の結晶作り

4.冬のクラフト (12月~2月)

クリスマスの飾りに大活躍!つるしたり、貼ったり、ぶらさげたり、色んなところに飾っちゃおう!

市販で売っているアイススティックを使って、雪の結晶をイメージして作りました!
作った雪の結晶に紐を通してたくさん天井からつるすと、風でくるくると回ったりゆらゆらと
揺れたりしてとてもきれいです!
4、5さいの子はボンドをつける時に棒を押さえてあげるなどのサポートが必要かもしれません。年長さんは、一か所だけ手伝ってあげると、あとは見本を見ながら試行錯誤をして自分でくっつけることができていました。3さい以下の子には真ん中の3本だけくっつけてもらって、好きな色を塗りました!

<材料>
アイススティック (写真の雪の結晶の形は15本)
木工用ボンド
絵の具

<作り方>
1. 最初に中央の3本を均等な間隔で貼り合わせます。


2.それぞれの先に、xの形にして貼り付けます。全て貼り付けたら、乾くまで動かさずにくっつくのを待ちます。

3. 乾いたら両面に好きな色に塗り、片側を少し浮かせて乾かします。(くっつかないように)

4.乾いたら紐をつけて完成!

アイススティックはゆうパケット対応で気軽にオーダーできちゃいます。


カラーアイススティックもあり、絵の具で塗る手間をはぶきたい方に最適です。

ツリーに飾っても天井からつるしてもきれいです。スパンコールやラメをボンドでつけるのもキラキラしてきれいです。ラメやスパンコールは落ちてくるかもしれないので、ニスなどで上から塗って固まらせると良いと思います。

コメント