ふんわり優しい色合い てんてん桜

1.春のクラフト (3月~5月)

4月と聞いて想像するのは、桜が一面に咲く中での入学式や、楽しいお花見!

桜を楽しめるのは咲き始めから終わりまでたったの2週間ほどなのに、いろいろな行事を温かく彩ってくれますね。

今回は2歳の子ども達と、桜の花をピンクの色画用紙に表現しました。

<材料>
桜模様の折り紙 (100均にて購入)
ピンクの色画用紙

<使った物>
はさみ 
のり
絵の具

<作り方>

1.桜模様の折り紙を桜の形に切って準備しておきます。はさみを使える子には桜の形を描いた折り紙を切ってもらいましょう。

2.桜の形の折り紙を、画用紙に貼りつけます。

3.指先にピンクと白の絵の具をつけます。桜の花びらをイメージして、画用紙にちょんちょんとつけていきます。乾いたらできあがり。

絵の具はピンクと白を出しておき、自分で指先で混ぜてつけてもらいました。混ざり切っていないピンクと白の色合いがきれいでした。

子どもがたくさんいる場合は、子ども達が作った作品をつなぎ合わせて桜の木を作ると、壁面を彩る桜が楽しめそうですね!桜の壁面作品の下でお花見も楽しめちゃいます。

コメント