春の製作 桜を作って飾ろう!折り紙やお花紙で簡単製作

1.春のクラフト (3月~5月)

折り紙やお花紙を桜に見立てて、ペタペタ貼って作る桜です。保育時の壁面製作にもいかがでしょうか。

手指の発達に合わせて桜を製作しよう

写真の桜の壁面製作は、2さい~4さいの子ども達と作りました。

ちぎり絵、輪飾り、お花紙の花を使い、以下の動作を意識して取り組みました。

  • 指先で紙をちぎる
  • のりを貼り付ける
  • 折り紙を短冊状にはさみで切る
  • お花紙を重ねて折る
  • 重なっているお花紙を剥がして花の形にする

ちぎって、貼って、くっつけて・・桜の製作をすることでたくさん指を動かす機会になりました!

桜を製作してみよう!使うものは・・

<材料>


模造紙もしくは画用紙 (掲示したいサイズで用意)
折り紙 
お花紙

<使った物>

絵の具 
はさみ
のり

桜の壁面製作開始!作り方

1.模造紙に桜の木の幹を描き、色を塗って用意しておきます。

輪飾り用に折り紙を切っておきます。

2.ピンクの折り紙で輪っかを作ります。

片側のはしっこにのりをつけて、クルっと巻いてくっつけます。

最初はどこにのりをつけるか、どうやって巻くか等サポートが必要かもしれませんが、慣れると上手に作れるようになります✨

♡のようにくっつけたり、雨粒の様にくっつけてしまう事もありますがご愛敬。

3.作った輪っかを貼り付けていきます。輪っかを潰さないようにくっつけると立体感が出ていいですね。

4.ちぎり絵の様に折り紙をちぎってつけ、桜の木を花で埋めていきます。

お花紙でお花も作って貼ったら桜の完成です。

桜の花には輪っか、ちぎった折り紙、お花紙のお花がきれいに散りばめられています。

それぞれ少しづつ違う色や素材感で、見た目も華やかな桜が出来ました。


↑画用紙のサイズが選べます。桜の製作にどうぞ。

コメント